リンクリゾルバ(SFX)の利用について

■平成23(2011)年4月よりEX Libris社のSFXを導入しサービスを行っています。

■SFXは一般にリンクリゾルバと呼ばれるツールで、利用可能な電子資料のアアクセス情報を管理し、利用者に適切な資料へのナビゲーションを表示するリンクナビゲーションツールです。リンク元から送信されてくる書誌情報を基に大分大学学術情報拠点(図書館/医学図書館)の購読状況に応じたSFXメニュー画面を表示します。利用者はそのメニューから最適なリンク先にアクセスすることができます。

sfx概念図

■電子ジャーナルリストとしての機能も持っています。本学で購入している電子ジャーナル及び無料の電子ジャーナルリストを表示します。次の4種類の検索が可能です。

■利用手順

必要とする論文情報(雑誌名、巻・号・ページ数など)が分かっている場合

必要とする論文情報が分からない場合

■このリンク関係は下図のようになります

sfxメニュー

■パンフレット